教育 助成金について

社員への教育訓練と助成金活用について

ここ最近人手不足ということもあって、多くの企業が従業員を積極的に採用しております。
採用によって事業に必要な人員を確保することは大切ですが、問題は採用した社員をどのようにして戦力化していくか、ということです。
新卒採用者については、ポテンシャルはあっても仕事に必要なスキルや知識は何一つ持ち合わせていない訳ですし、また、中途採用者も職業経験はあっても、その会社で戦力となり得るかは未知数です。
そこで大切になってくるのが社員への教育訓練です。
訓練のやり方として、大きくはOJTとOFF-JTがあります。
OJTは実際の仕事の中で先輩社員が新人を教えていくやり方ですが、仕事中に教えることもあって急な仕事が入ったり、忙しくなったりすると訓練がすすまないというデメリットがあります。
OFF-JTは仕事の場から離れ、外部機関のカリキュラムによって訓練をすすめていくやり方ですが、費用がどうしてもかかります。
そんな時に活用したいのは厚生労働省がとりおこなっている雇用関係の助成金の制度です。
雇用関係の助成金制度は雇い入れや職場環境の改善など様々なケースが助成対象になりますが、教育訓練も助成対象となり、要件を満たせば、経費や訓練時間中の賃金補助などが支給されます。

Copyright(c) 教育 助成金 All Rights Reserved.